外壁塗装の悪徳業者にご注意!

gaiheki_main
塗装工事を含む訪問販売による「リフォーム工事」に関する相談件数は年間で6,000件以上にのぼります。

(国民生活センターのデータ参照)これらのクレームの多くは

  • 断っても強引な勧誘をやめない
  • 見積りの倍の金額が請求された
  • 工事途中で連絡が取れなくなった
  • 塗装漏れなどの手抜き工事があった
  • など悪徳業者によるものがほとんどです。

外壁塗装業界に悪徳業者が多い背景としては、素人目では見積内容の妥当性を判断できない事が最大の要因と言えます。

例えば下記の外壁塗装の見積りは金額的に高いと思いますか?安いと思いますか?

外壁塗装

項目 明細 単価 平米数 見積もり価格
足場構築 約1,200円 405.5m2 486,600円
高圧洗浄 300円 352.5m2 105,750円
下塗り 【エスケー化研】水溶性ソフトサーフ 800円 305.7m2 244,560円
中・上塗り ポリウレタン塗料 ×2 2200円 305.7m2 2200円

その他 破風、軒天、上裏、鼻隠し
軒樋、軒下換気口、雨戸・シャッター(【エスケー化研】SKマイルドボーセイ)雨戸表面、シャッターボックス塗装 360,000円

外壁塗装 合計:1,199,110円

塗料の種類など素人が全てを把握するのは難しいですよね。信頼できる業者を選定するためにも複数の外壁塗装業者の見積りを比較しましょう。必ず見積りを出して比較しよう。

外壁塗装の見積り金額を判断するためには、大きく分けて「塗装・塗装範囲・塗装回数・施工人数・工期・経費」6項目の情報を総合的に判断する必要があります。

  • 塗料
    塗料は種類によって価格も耐用年数も大きく異なります。(詳しくは「使用する塗料について」を御覧ください。)
  • 塗装範囲
    どこをどこまで塗るのかは見積り段階でしっかり決めておきしょう。施工途中の追加はトラブルの原因となることがあります。
  • 塗装回数
    一般的な塗装では下塗り1回、上塗り2回の合計3回の塗装が行われます。壁の傷みや塗料によって回数が増える場合がありますが、回数に応じて値段も変わってきます。
  • 施工人数
    外壁塗装は一度に作業できる範囲が限られているので、30~40坪ほどの通常の一軒家であれば、職人の数は2名から3名が適当と言えます。
  • 工期
    足場の組立、外壁・屋根の洗浄、外壁・屋根塗装、付帯部分の塗装など平均的な外壁塗装の工期は8日間~12日間です。
  • 経費(足場など)
    通常、足場や養生についても〇〇㎡×単価というように細かく見積りを出せます。「その他経費」のようにまとめて見積りを出す業者は悪徳業者の可能性があります。

最近では簡単に見積り・比較ができるサイトが増えてきていますが、注意点が1つあります。このような仲介サイトでは見積りを出す際に予め仲介料としてバックマージンをプラスして見積りを出しているケースが多々有ります。

例えば、直接塗装会社と契約した場合、100万円の見積りが出されるはずが、仲介サイトを通した事でバックマージンの10%が上乗せされた110万円の見積りが出されるなんてことが良くあります。仮に10万円あればクロスや他の修繕に資金を回せる訳なので、サイト自体もしっかり調べる必要があります。

「たよれる外壁塗装屋さん」では「仲介手数料0円、直接見積りと同額」をもっとうにお客様に安心して見積りを出せるよう厳選した地域優良業者のみを掲載しています。

外壁塗装のお役立ち記事